5000万人が身分証明登録、都市の10%がデジタル通貨使用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

5000万人が身分証明登録、都市の10%がデジタル通貨使用

(Image: Shutterstock.com)

市場調査会社のIDCは2月17日、中国のブロックチェーン市場における今後5年間の10大予測を発表した。中国では2019年に習近平国家主席がブロックチェーン強国を目指す方針を宣言。中国人民銀行がデジタル通貨開発にも乗り出し、関連産業が進展すると期待されている。IDCは、決済や司法手続きなど広い分野で、ブロックチェーンが普及すると予測している。

10の予測は以下の通り。

  • 予測1:越境決済
    2023年までに中国の主要金融機関の40%が、SWIFT(国際銀行間金融通信協会)と中央銀行のインフラを使って、ブロックチェーンネットワークによる越境決済を行うようになる。
  • 予測2:分散ガバナンス
    ブロックチェーンによる電子投票の実証実験が活発になり、2023年には司法領域の5%でブロックチェーン投票システムがテストされる。
  • 予測3:専門サービスの認証
    2021年に、中国の医療保健機関の10%が、公共サービスでブロックチェーン認証を使うようになる。
  • 予測4:ブロックチェーンサービス
    2023年時点で中国企業はコンサル、メンテナンス、サポートなどのブロックチェーンサービスに27億ドル(3000億円相当)を投資し、その額は企業管理サービス支出の29%を占める。
  • 予測5:AIとブロックチェーン
    2024年に、中国の監督を受けた企業の50%以上が、ディープラーニングが融合したブロックチェーンを利用することになる。
  • 予測6:ブロックチェーン身分証明
    2022年に、中国の成人の5%に相当する5000万人がブロックチェーン技術に基づいた身分認証に登録する。
  • 予測7:分散サプライチェーン
    2024年に中国のコンテナ輸送の85%はブロックチェーントレーサビリティのサポートを受け、そのうち半分はブロックチェーンがサポートする越境決済を利用する。
  • 予測8:デジタル著作権管理
    2023年に中国のデジタル著作権の20%が、配信者やクリエイターが管理する、違法コピーなどを防止するブロックチェーンシステムで処理されるようになる。
  • 予測9:ブロックチェーンインフラ
    2020年、ブロックチェーンを導入する中国の組織の90%以上が、インフラとしてBaaSを選択する。
  • 予測10:デジタル通貨
    2023年に中国の都市の10%がブロックチェーン技術に基づいたデジタル通貨を使用するようになり、経済の安定やECの発展に寄与する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B