NECとシスコ、サプライチェーン構成する通信機器の監視システムを開発

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NECとシスコ、サプライチェーン構成する通信機器の監視システムを開発

取り組みの概要

日本電気(NEC)とシスコシステムズは2月17日、安全保障領域や重要産業インフラ向けに、ブロックチェーン技術を活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供することを発表した。シスコが有する不正検知技術とNECのブロックチェーン技術を組み合わせ、ネットワーク機器の真正性の管理強化に取り組んでいく。

すでにファームウェアの改ざんなどを検知できる両社のネットワーク機器を、同取り組みにより、検知された履歴情報をブロックチェーンに記録していく。ネットワーク管理者は、出荷検査・ネットワーク構築・運用中のそれぞれのタイミングで、機器の真正性を監視することができるようになる。対応機器をネットワークシステム全体に拡大することで、サプライチェーン全体を通した真正性を管理できるという。

強化されたネットワーク機器は、2020年4月より順次提供を開始する。両社は、将来的にはこうした取り組みを運用中はもちろん、各種点検時も含めたライフサイクル全般に拡大する予定であり、今後も安全安心に情報通信機器を利用できるネットワークシステム基盤の提供を目指す。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B