仮想通貨取引所バイナンス、FATF規制対応で分散型データ企業と提携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所バイナンス、FATF規制対応で分散型データ企業と提携
 

仮想通貨取引所バイナンス、FATF規制対応で分散型データ企業と提携

Binance+Shyft Network

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは、FATFの規制を遵守するために、データソリューション企業Shyft Networkとの提携を発表した。

Shyft Networkは、FATFの「トラベル・ルール」に対応する分散型インフラなどを提供する企業で、バイナンスはそのエンドツーエンドのデータ共有システムを導入するという。

トラベル・ルールとは、仮想通貨関連サービス事業者(VASP)による仮想通貨の送受金の際に、送り主と受取人の個人情報を記録、シェアすることを義務付けた厳格なグローバルスタンダードだ。取引所等事業者間でKYCデータやPII(個人認証情報)データを共有するように規定している。

昨年、バイナンスはFATFコンプライアンスの目的で、英仮想通貨分析企業Coinfirmと提携。Coinfirmのマネーロンダリング対策(AML)用のプラットフォームを統合している。

参考:バイナンス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B