米CFTC、ステーブルコイン研究会議を開催 JPMコインやMakerDAOなどの関係者が参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CFTC、ステーブルコイン研究会議を開催 JPMコインやMakerDAOなどの関係者が参加
 

米CFTC、ステーブルコイン研究会議を開催 JPMコインやMakerDAOなどの関係者が参加

CFTCのステーブルコイン研究会

米商品先物取引委員会(CFTC)が、仮想通貨(暗号資産)ステーブルコイン業界の将来性や影響を研究するための会議を、26日に開催した。

会議にはDeFiプロジェクトのMarkerDAO、ステーブルコインプロジェクトPaxos、およびJPモルガンの「JPMコイン」の3つの組織の幹部が出席。ステーブルコインの様々な側面を調査するために、仮想通貨カストディに関する傾向、仮想通貨に関する保険、サイバーセキュリティなどについて、詳細な議論とプレゼンテーションを行なった

NYのビットライセンス所持企業「Paxos」のCEOであるCharles Cascarilla氏は自社のPAXステーブルコインプロジェクトのユースケースについて紹介。ステーブルコインDAIを開発するMakerDAO財団の会長、Steven Becke氏は、今日の分散型金融(DeFi)がどのようなものであるかの概要を説明した。

米国はデジタルドルの可能性を模索か

CFTCが今回開いた会議は、米国政府がデジタルドルの可能性を、少しずつ模索している様子を表す動きかもしれない。

公共政策とステーブルコインという観点からは、国際通貨基金(IMF)の金融資本市場局の副課長であるTomasso Mancini-Griffoli氏も、複数の公共政策でステーブルコインの可能性を考慮すべきであると述べていた。

参考:CFTC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B