4月に半減期を迎えるビットコインキャッシュ。何が起きるのか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

4月に半減期を迎えるビットコインキャッシュ。何が起きるのか?

(Image: Shutterstock.com)

2020年に入って、仮想通貨マイニングの半減期が話題だ。まもなくBitcoin(BTC)が3回目の半減期を迎える。また、それよりも早くBitcoin Cash(BCH)にも初めての半減期が到来する。本稿では、これまで仮想通貨 Watchで取り上げてきた記事を元に、半減期とはどういうもので、何を目的にいつ実施されるのか、仮想通貨の利用者にはどのような影響があるのかをまとめる。

半減期とは、仮想通貨マイニングの報酬が半分(半減する)になるタイミングを指す。半減期は意図的なものだが、その仕組みと理由については後述する。先に、半減期の実施される時期について説明すると、Bitcoin Cashは、Bitcoinを起源とする仮想通貨であることから、どちらも半減期のタイミングは、同じブロック番号63万ブロック目で実施される仕様になっている。しかし、その実施日は仮想通貨のグローバルランキングサイトCoinGeckoの「Bitcoin半減期カウントダウン」「Bitcoin Cash半減期カウントダウン」サイトによれば、Bitcoinは5月11日前後、Bitcoin Cashは4月7日前後に迎えると予測される。Bitcoin Cashのほうが1か月近く早い(2月25日現在)。

予定ブロックが同じであるにも関わらず、Bitcoinよりも先にBitcoin Cashに半減期が訪れるのは、ブロックの平均生成時間が異なっているためだ。BitcoinとBitcoin Cashには、ブロックの生成時間が10分に1回となるよう、マイニングの難易度を調整する仕組みがある。だが、両者のマイニング難易度の調整方法は異なる。

Bitcoinは、2週間に1回(2016ブロックに1回)の頻度で、その難易度を調整する。それに対してBitcoin Cashは、は直近1日程度(144ブロック)のハッシュレートに合わせ、ブロックごとにマイニング難易度を調整する仕様を持つ。そのため、取引量の増加が続くと、Bitcoinのほうが、ブロック生成時間により遅延が生じやすいのだ。

ちなみに前述の半減期カウントダウンサイトは、ブロックチェーンのこれまでのブロック生成時間を平均化し、独自の計算方法を用いて63万ブロック目の到来時期を予測するものとなる。カウントダウンサイトによって、予測時期は異なる。参考までに、仮想通貨交換所Binanceの「Bitcoin半減期カウントダウン」サイトを紹介すると、同サイトではBitcoinの半減期を5月10日前後と予測する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B