米国株の記録的な下落も「押し目買いは危険」 ゴールドマンとシティが警告 仮想通貨投資家の動向は

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国株の記録的な下落も「押し目買いは危険」 ゴールドマンとシティが警告 仮想通貨投資家の動向は
 

米国株の記録的な下落も「押し目買いは危険」 ゴールドマンとシティが警告 仮想通貨投資家の動向は

記録ずくめの今週の米金融市場

今週の米金融市場は、世界規模で新型肺炎(コロナウイルス)の感染拡大に伴う景気減速を警戒した売りが入り、記録的な下落相場となった。

2月29日現在、世界で感染者数は8.5万人を超え、死者は2500人を上回った。WHOは29日、感染拡大の危険性を「非常に高い」に引き上げた。企業の生産停止や施設の閉鎖など、実体経済への影響も拡大している。

ダウ平均は木曜日に続き一時1085ドル安まで下落したものの、357.28ドル安(-1.39%)と下落幅を縮小した形で終了。S&P500も4.13%安まで下落後、0.82%安で今週を終え、ダウ平均とともに7営業日続落となった。(データ:ヤフーファイナンスより)

大手投資銀行ゴールドマンサックスやシティグループがさらなる下落を警戒する一方、株式・仮想通貨市場の個人投資家の間では押し目買いが活発化している模様だ。

ゴールドマン:押し目買いに警鐘

個人投資家の動向

コロナウイルス感染拡大が懸念される一方、発生元の中国では工場活動などを再開する動きも見られる。足元の株式市場は数か月ぶりの安値となっており、一部の投資家の間では「すでに底を打った」との見方が出ている。

2月28日のレポートによると、S&P500指数が今後3か月で2900ドルまで下落すると予想している(現在2954.22ドル)。S&P500指数が2020年末に3400ドルまで回復する見通しを立てているが、上昇相場は夏以降になると予想している。

これらの理由から、現時点での押し目買いに警鐘を鳴らしている。

シティグループも現時点での押し目買いを警戒。今週の株式市場の下落を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が3月に利下げを行う可能性も浮上しているが、今後のFRBおよびトランプ政権の政策動向を注視していく方針だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B