仮想通貨イーサリアムの「ETH2.0」が開始されるとどうなる? 承認者の報酬とペナルティ制度を解説=Codefi

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサリアムの「ETH2.0」が開始されるとどうなる? 承認者の報酬とペナルティ制度を解説=Codefi
 

仮想通貨イーサリアムの「ETH2.0」が開始されるとどうなる? 承認者の報酬とペナルティ制度を解説=Codefi

ETH2.0バリデータへのインセンティブ

イーサリアム2.0(ETH2.0)のバリデータに対する報酬とペナルティの概要を、米ブロックチェーンソフト開発企業コンセンシス(ConsenSys)のOS開発部門Codefiが解説した。

PoSコンセンサスを採用するETH2.0で、プラットフォーム運営の要となるのは、新たなブロックを生成するとともに、そのセキュリティを担うノードであるバリデータ(承認者)だ。バリデータの不誠実な行動はイーサリアムブロックチェーンの正当性を脅かす可能性もあるため、バリデータをPoSコンセンサスルールに準拠させるためのインセンティブと罰則が周到に用意されている。

ETH2.0におけるPoSコンセンサス移行への最初の段階「ビーコンチェーン(Beacon Chain)」。バリデータとしてネットワークに参加するためには、32ETH以上をデポジットコントラクトに預け入れロックアップすること(=ステーキング)が必要だ

バリデータがステーキングできるETHの量に上限は設けられていないが、報酬およびペナルティの算出には、「実効残高」(effective balance)と呼ばれる32ETHが上限として設定されている。

バリデータとなる条件

罰則規定

報酬の試算

一方、スラッシュされたバリデータは、不法行為がネットワークでアナウンスされた時点から様々なペナルティを科され、最大ではステーキング実効残高全てにも及ぶ可能性があるという。

なお、バリデータがオフラインであることはスラッシュの対象とはならないが、前のエポック(30000ブロック期間)でアクティブであったのにも関わらず、投票を行わなかった場合にはペナルティが科されるような設定がされているという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B