米主要仮想通貨取引所が税制の明文化を要求 IRSのサミットで

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米主要仮想通貨取引所が税制の明文化を要求 IRSのサミットで
 

米主要仮想通貨取引所が税制の明文化を要求 IRSのサミットで

米国税庁(IRS)主催の仮想通貨税制サミットが開催

3月3日、連邦税の徴収などを執行する米内国歳入庁(IRS)が仮想通貨税制に関するサミットを開催した。

同サミットにはパネリストとして、仮想通貨取引所からはCoinbaseグローバル税務部門長のSulolit Mukherjee氏とKrakenグローバル税務部門長のLisa Askenazy Felix氏が登壇した。また、大手会計事務所からRSM Tax LLPのJamison Sites氏とJohn Cardone氏が登壇した。

同サミットにおいて、パネリストらは一貫して仮想通貨取引などに関する税制の明文化を主張。

両取引所はIRSに対し、米国の税法に則ってどのような手続きが必要か、また、それらの手続きはどのようなプロセスで行えばよいかをはっきりとさせることを要求。会計事務所RSMのCardone氏も、ユーザーがどのような税務報告書を用いればよいのかなどの情報がはっきりとしていないことを指摘した。

データ管理や税務報告サービス提供に関して

同サミットでは、取引所のデータを1か所にまとめるプラットフォームを作る構想についての質問も挙げられた。取引所データの統合によって、取引情報を標準化できたり規制当局の管理が容易になるというメリットがあるが、両取引所はこの構想を否定した。

さらに同サミットでは、取引所自体がユーザーの税務報告に関するサービスを提供する可能性についても議題に上がった。KrakenのFelix氏はこのような機能の提供を検討していることを明かした。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B