米国で新たな仮想通貨業界団体が誕生 「不透明な仮想通貨規制の改善へ」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米国で新たな仮想通貨業界団体が誕生 「不透明な仮想通貨規制の改善へ」
 

米国で新たな仮想通貨業界団体が誕生 「不透明な仮想通貨規制の改善へ」

米国の新団体、自主規制組織を目指す

シカゴを本拠地とする、フィンテックのスタートアップFinTankが、米国で自主規制組織(SRO)の立ち上げを目指していることが分かった。

仮想通貨の世界では、米国の規制が注目されていることも多く、こうした取り組みは改めて世界中の仮想通貨業界にも影響を与える可能性がある。

同団体を率いるDavid Carman氏は仮想通貨を巡る現在の規制について2つの主要な問題があると指摘する。

その上で、自主規制団体をシカゴ地域に限定されるプロジェクトではなく、米国レベルの試みとして拡大していきたいと意気込みを語った。

明確なガイドラインが求められる

同会議では、シカゴを仮想通貨取引のハブにする計画について議論、6ヶ月の委員会会議を経た後に、SROの立ち上げに向けて全力を注ぐ必要があることが決定したという。同団体は現在、125人以上のボランティアを募集。FinTankは引き続きこの運動に深く関わっているものの、団体名は別の名前で運営される予定であるという。

Peirce氏は最近、SECが仮想通貨ETF申請に対して通常よりも高いハードルを設けてきたことを指摘、イノベーションを妨げるものとして批判している。

過去3年間で、米国証券取引委員会(SEC)および商品先物取引委員会(CFTC)が主導する取り締まりは強化されたが、連邦レベルで明確なガイドラインがまだ存在していない。

規制の明確性がなければ、明確なルールとガイドラインが固まるまで仮想通貨の発展が遅れることも予想される。今回の試みはそうした状況を改善するものとして注目される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B