マンガ「クロザクロ」デジタル新装版発売。売上の一部を出資者にETHで還元

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マンガ「クロザクロ」デジタル新装版発売。売上の一部を出資者にETHで還元

ナンバーナインは3月2日、TARTが開発するブロックチェーン技術を用いたマンガ家応援プラットフォームCANDLへ、マンガ「クロザクロ」の提供を開始した。同作のオーナー権を、EthereumのERC-721規格で代替不可トークンとして電子化し、所有と売買、売上の還元を実現する。CANDLの正式リリース第1弾になるという。

夏目義徳氏のマンガ「クロザクロ」は、週刊少年サンデーにて2004年から2006年まで連載された。新たに発売されたデジタル新装版は、新規表紙絵を採用。漫画クラウドファンディングを経て、連載当時に描けなかった1話(18ページ)を新たに描き下ろして収録しているという。

CANDLで販売される「クロザクロ」のオーナー権は、ブロンズ・シルバー・ゴールドの3プランが提供される。価格はそれぞれ6000円、2万円、6万円とされ、限定数が設けられている。オーナー権には、描き下ろし限定デジタルイラスト、デジタル所有権、電子書籍の売上の一部還元、サイト上に漫画オーナーとして名前表示という4つの特典がプラン別に付属する。

デジタル所有権の証明書

オーナー権の購入者は「クロザクロ」を応援する共同オーナーとなる。売上の還元は、Amazonで販売中のKindle版「クロザクロ デジタル新装版」全8巻の4月1日から9月30日の売上が対象となる。売上の一部を6回に分けて、仮想通貨Ethereum(ETH)で分配するとのこと。

オーナー特典の描き下ろし限定デジタルイラスト(ブロンズオーナー)

オーナー特典の描き下ろし限定デジタルイラスト(シルバーオーナー)

オーナー特典の描き下ろし限定デジタルイラスト(ゴールドオーナー)

TARTが開発するCANDLは、経産省の平成30年度補正予算「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金」(J-LOD)に採択された11の事業の内の1つ。「ブロックチェーンを用いた電子書籍の売買に関するプラットフォーム事業」として採択されている。

電子書籍の発行、それに紐づく著作権の管理が可能なシステムを構築する。電子書籍と著作権をブロックチェーン上のトークンとして発行し、個人間売買が可能となる。電子書籍の売上は著作権保有者に自動分配される。ユーザーは、所有している電子書籍の中古販売が可能になり、著作者は2次流通以降の売上を獲得することができる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B