経済不安のアルゼンチンで「州政府主体」の仮想通貨発行案 議員が提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

経済不安のアルゼンチンで「州政府主体」の仮想通貨発行案 議員が提案
 

経済不安のアルゼンチンで「州政府主体」の仮想通貨発行案 議員が提案

州政府発行の仮想通貨でメンドーサをアルゼンチンの経済情勢から切り離す

アルゼンチンのJosefina Canale議員は3月3日、個人のツイッターアカウントで、メンドーサ州が独自に仮想通貨(暗号資産)を発行するアイディアを提案した

仮想通貨を発行することによって、メンドーサ州を国家のマクロ経済情勢から切り離す狙いがある。

アルゼンチンは、厳しい経済情勢に直面している。アルゼンチン国家統計センサス局(INDEC)によると、2019年のインフレ率は53.8%だった。アルゼンチンの法定通貨であるアルゼンチンペソの価値は2019年に約40%減少した。

州発行の仮想通貨に賛否両論の声

政府発行の仮想通貨が国家のハイパーインフレを抑制するか

賛成者は、州政府による仮想通貨発行によって州政府が近代化し、経済と税務の問題を解決できると考えている。賛成者らはCanale議員にアイディアのさらなる精緻化を求めた。

ビットコイン(BTC)の場合、通貨需要が高騰した際により多くの通貨を発行することができない。これによってBTCは価値の保存手段としての機能を持つ一方、ボラティリティが高くなり価値の交換手段としては不向きであると言える。

それに対して、政府発行のデジタル通貨は、政府が発行をコントロールすることができる。通貨の市場供給量をコントロールできる点が大きな違いだ。政府の信頼性に通貨価値が影響される場合、根本的な改善には至らないが、様々な利点が議論されている。プライバシー問題とも表裏一体ではあるものの、トランザクションを監視することで、効率的な課税ができることもそのメリットの一つにある。

2月には、アルゼンチン中央銀行(BCRA)の元総裁であるMartin Redrado氏も、デジタル法定通貨を作成するアイデアを公表していた。また、同じくハイパーインフレに苦しむベネズエラでも、世界的に信用がある資産を裏付け資産に入れるなどの施策を講じる仮想通貨「ペトロ」が発行されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B