韓国、仮想通貨取引所の金融庁(FIU)登録を制度化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

韓国、仮想通貨取引所の金融庁(FIU)登録を制度化
 

韓国、仮想通貨取引所の金融庁(FIU)登録を制度化

韓国、取引所登録制に

韓国国会は5日、仮想通貨取引所の登録制に関する法案を可決。これまで具体的な規制がなかったが、今後取引所は同国の金融庁(FIU)に登録し、定期的に報告しなくてはならない。

「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」という本法律は、来年3月(1年後)より正式に施行予定だ。既存の仮想通貨(暗号通貨)取引所は2021年9月までに登録手続きを済ませる必要がある。

具体的に取引事業者は、①実名制入出金アカウントサービスと、②情報保護管理システム(ISMS)認証を導入した上で、FIUに申告を行うよう定められている。

憲法裁判所では今年1月、2017年12月〜2018年1月に行われていた実名制KYC取引システム導入を含む、「政府の措置が違憲である」とする投資家の訴えに関する討論がなされた。実名制KYCなどの負担は、一部の中小規模取引所を廃業に追い込んだ要因と指摘されていた。

しかし今回、厳しい状況が軽減されるような法律ではないようだ。すでに一部の中小規模取引所は流動性低下を受け、多くの仮想通貨ペアを上場廃止していると、メディアLongHashは報じた。

参考:Coindesk韓国

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B