米電力発電所が仮想通貨マイニング事業 ビットコイン半減期後も黒字の見通し

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米電力発電所が仮想通貨マイニング事業 ビットコイン半減期後も黒字の見通し
 

米電力発電所が仮想通貨マイニング事業 ビットコイン半減期後も黒字の見通し

発電所がマイニングを行う強み

米ニューヨーク州にある発電所が、自ら作った電力を使って仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)のマイニングを行い、1日平均5.5BTC(約530万円)を生み出している。ブルームバーグが報じた。

マイニング事業を行っている企業はAtlas Holding。約6000平方メートルの施設で、7000台のマイニング機器を利用している。ここは1937年に石炭工場として設立され、その後は天然ガスの工場へと変わった。

電力消費の大きいマイニング事業において、どれだけ電力コストを抑えられるかは重要な問題だ。最近では、BTC電力消費指数などを分析する企業Digiconomistの創設者氏が、BTCのマイニングで消費される電力について厳しい評価を行った。1回のBTC取引は、英国でYouTubeを5万2043時間ストリーミングするのと同じだけの電力を消費すると説明している。

一方で発電所でもある本工場は、電力のコストが安く、費用が予測しやすいという。マイニングには、工場のキャパシティである106メガワットの内、約15メガワットしか使っていない。工場のオーナーは5月に控えるBTCの半減期後も黒字を維持できるとみている。この工場は、以前は夏と冬の電力消費のピーク時だけの営業だったが、現在は1年間稼働しているという。

工場の最高財務責任者は「自分たちで発電した電力を利用することで、市場が低迷していても利益を出すことができる。価格が上昇に転じる機会も逃さない」と強みを説明している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B