次世代ブロックチェーンブラウザ「Brave」 新プライバシー保護機能を追加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

次世代ブロックチェーンブラウザ「Brave」 新プライバシー保護機能を追加
 

次世代ブロックチェーンブラウザ「Brave」 新プライバシー保護機能を追加

「Brave」フィンガープリント保護機能を公開

仮想通貨BATをネイティブ通貨とする次世代型ブラウザ「Brave」はブラウザフィンガープリント保護機能をリリースした。

広告ブロック機能も人気を呼び、同ブラウザの月間アクティブユーザー数は1200万人を超えている。

ブラウザフィンガープリントとは、Webブラウザーから得られる情報だけで、インターネットを使う個人を特定する方法である。Cookieの利用制限が進む中、新たなユーザー情報の取得手段として徐々に広まりを見せている。そこで「Brave」のNightlyバージョンでは、新形式のフィンガープリント保護が利用可能となった。

既存のアプローチでは、すべてのブラウザーをWebサイトに対して同一のものとして認識させようとするもので、保護強化の達成が困難だ。

これに対して、「Brave」の新しいアプローチは、様々なウェブサイトやブラウジングセッション間において、すべてのブラウザを完全に他と異なるユニークなものとして認識させるとする。

2019年12月の時点では、11月にBrave1.0をリリースして以来、月間1000万人を超えるユーザーを達成していた。また2019年11月にはAndroidでのダウンロードが4000万回以上と記録した。

先月には、アイルランドのダブリン大学トリニティ・カレッジげ研究発表を行い、人気Webブラウザを比較した調査で、ChromeやFirefox、Safariなど主要6個のブラウザの中でも、最も安全だと結論づけられたのは「Brave」のブラウザだった。

「Brave」について、初期設定ではIPアドレスの追跡をさせるような識別子は確認できず、バックエンドサーバと訪れたWebページの詳細を共有することもなかったという。一方Chrome、Firefox、Safariではバックエンドサーバとページの詳細を共有していた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B