世界の仮想通貨投資家、実際「ビットコイン半減期」を材料視しているのか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

世界の仮想通貨投資家、実際「ビットコイン半減期」を材料視しているのか?
 

世界の仮想通貨投資家、実際「ビットコイン半減期」を材料視しているのか?

世界の仮想通貨投資家、実際「ビットコイン半減期」を材料視しているのか?

仮想通貨市場は8日、ビットコイン価格が下落。484ドル幅の下落を記録(Coinbase)、米ドル建で再び9000ドルを下回った。

出来高は、現物と先物共に減少傾向にあり、ボラティリティが高い相場環境に、ハイレバレッジの(証拠金)取引が焼かれやすい状況は予断を許さない。

統計データでは、当日中に63%、全体で95%の確率で窓を埋めが発生している。2月以降は、4回連続で土日の乱高下による窓埋めのアノマリーを意識した市場の値動きが確認されており、週明けの相場では意識される材料となりそうだ。

ビットコイン半減期、意識されているのか?

半減期の認知度は?

価格予想の根拠

市場の興味関心はどのように推移しているのか。

グーグルトレンドの傾向では、「ビットコイン 半減期」と「ビットコイン コロナウイルス」の検索数(英語)で、後者が上回った。

コロナウイルスとの関連検索から、市場の関心は下落傾向に意識が向きつつあることを示すデータだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B