[cryptopack id="115"]

ニューヨークの発電所 1日に5万ドルをマイニング可能

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ニューヨークの発電所 1日に5万ドルをマイニング可能

 

ニューヨークの発電所 1日に5万ドルをマイニング可能

2020/03/09 12:14

ニューヨーク州北部にある発電所が、発電した電力の一部を使ってビットコインをマイニングしているとのことでその規模は産業レベルに匹敵するほどとのことです。

Finger Lakes地域のDresden市の近郊にある天然ガスのパワープラント、Greenidge Generationは、工場内にマイニング施設を設置することに無事成功したと発表しました。

7,000台のマイニング機械と、同施設で発電された電力を利用して毎日平均5.5BTCをマイニングすることが可能とのことです。

発電とマイニングの独自融合が強みになる

Greenidgeは、自社の “behind the meter” パワーを使います。
つまり、発電された電力を原価で使うことができます。
GreenidgeのBlockchain戦略部門の責任者であるKevin Zhang氏は、次のように述べています。
「投資家に仮想通貨とエネルギー市場の双方への投資というユニークな投資機会を提供することができます。」

このマイニング施設は、石炭から天然ガスの施設への改修だけでなく、マイニングに必要な電気供給のインフラ整備への投資も行われ、総額6,500万ドルの大規模改修となりました。

Greenidgeは2017年に州と連邦政府からの承認を受けました。

同発電所のチーフエグセクティブのDale Irwin氏は次のように述べています。
「マイニングの運営を開始したことで、環境問題への独自の貢献を果たすことができた。」

市場においても有利なポジションを確保

コストはもともと低く、予想可能であることから、市場における有利なポジションを確保できると同時にビットコインの半減期後も利益を上げ続けることができるとのことです。

GreenidgeのチーフファイナンシャルオフィサーのTim Rainey氏は次のように述べています。
「マイニングと電力発電というユニークな融合により、我々は不安定な価格の上昇分を捉えることが可能になる。」

Greenidgeは1937年に設立され、コネチカットを拠点とするAtlas Holdingsが所有しています。
Atlas Holdingsの支援で、4ヶ月でマイニング機器が設置されました。
この発電所は、夏と冬のピーク時期の数ヶ月のみ稼働していましたが、新たなマイニング施設の設置により1年を通して稼働することになるとのことです。

この発電所は、Greenidgeの発電能力106メガワッツのうち、14メガワッツを消費しており、これは平均的なアメリカ家庭の1万1000軒以上へ十分な電気供給が可能な量とのことです。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/a-new-york-power-plant-is-mining-50k-worth-of-bitcoin-a-day”

The post ニューヨークの発電所 1日に5万ドルをマイニング可能 appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5090

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。