新型コロナウイルス対策でブロックチェーンの実装進む

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新型コロナウイルス対策でブロックチェーンの実装進む

(Image: Shutterstock.com)

中国のブロックチェーン調査会社互鍵脈搏研究院(IPRI)は、2020年2月は世界でブロックチェーンの実装プロジェクトが42件発表され、そのうち61.9%の26件が新型コロナウイルス対策関連だったとのレポートをまとめた。

2月の実装プロジェクトを地域別に見ると、中国が37件で大半を占め、日本が2件、ロシア、フランス、アラブ首長国連邦が各1件だった。

プロジェクトの責任機関では、民営企業が14件、政府部門が7件、大学が6件だった。

カテゴリー別では、医療が最も多く24%を占め、行政手続きが19%と2番目に多かった。3位以下は企業サービス、金融、公益サービスが続いた。

レポートによると医療、企業サービス、公益サービス、行政事務のブロックチェーンプロジェクトの8割は新型コロナウイルス対策と関連している。

例えば西安交通大学は、西安市の病院向けに無料オンライン健康相談システムを提供し、中国聯通(チャイナユニコム)研究院とチャイナユニコム江西支社などは、全国で初めて、ブロックチェーンを活用した操業再開申請プラットフォームを開発した。

公益サービスでは、ブロックチェーンを活用した物資の寄付管理や寄付金のトレーサビリティに関するサービスが複数登場した。北京大学のブロックチェーン研究センターは、医療物資寄付の受け取りを証明するプラットフォームを開設した。

IPRIは、「2月は新型コロナウイルス対策を目的としたブロックチェーン技術の応用が中国で多数登場したが、サービスの同質化も目立つ。社会にどの程度定着するかはまだ判断できない。また、多くの企業が似たようなサービスをリリースしており、業界がまだ試行錯誤のステージにあることを反映している」と指摘した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B