ビットコイン急落も「インドのプチ仮想通貨バブル」は継続 関連銘柄の逆行高・国内出来高増加など

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン急落も「インドのプチ仮想通貨バブル」は継続 関連銘柄の逆行高・国内出来高増加など
 

ビットコイン急落も「インドのプチ仮想通貨バブル」は継続 関連銘柄の逆行高・国内出来高増加など

インドの仮想通貨プチバブルは継続

インド最高裁の「違憲」判決を受け、インド関連銘柄は連日高騰、国内出来高は急増している。話題になったインドのプチ仮想通貨バブルは、全面安の相場環境の中でも続いているようだ。

インドの最高裁判所は4日、中央銀行が2018年に布告した「仮想通貨取引所への銀行サービス禁止令」に対して、違憲判断を下した。

仮想通貨市場は全面安の状況にあるが、インド大手取引所WazirX(バイナンスの子会社)の独自通貨『WRX』は7日間で174%高で、相場に対する逆行高を記録した。

インドの主要取引所の出来高においても顕著な伸びを見せている。CMCベンチマークではグローバル的規模の出来高には達していないものの、WazirXは判決後から約6倍、Zebpayは2倍以上の増加を記録した。間違いなく国内出来高に影響が出ている模様だ。

国際的な取引所も再びインドに

インド関連の銘柄で世界的に注目が集まった銘柄には、Matic(MATIC)、WazirX(WRX)、Marlin(LIN)などがある。

最高裁の判決を受け、Krakenは再びインド市場に注力する方針を決定したという。

これまでも、インドで現物や先物取引を提供していたものの、中央銀行の命令を受け、サービスは大幅に制限されていた。

最高裁が下した判決について、Krakenのグローバル責任者は、「インド15億の人口が法定通貨から仮想通貨にアクセスできる権利を取り戻すために、中央銀行と戦ってきた」と言及。今後インドに向けたサービスを新たに発表するという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B