[cryptopack id="115"]

香港予算案、AML/CFT強化のため仮想通貨サービス提供業者を盛り込む方針【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

香港予算案、AML/CFT強化のため仮想通貨サービス提供業者を盛り込む方針【フィスコ・ビットコインニュース】

 

香港予算案、AML/CFT強化のため仮想通貨サービス提供業者を盛り込む方針【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/03/10 09:51

香港政府は、仮想通貨サービス提供業者(VASP)を対象とし、マネーロンダリングとテロ資金供与対策(AML/CFT)を強めている。2020/21年度予算案に盛り込まれるとされる「仮想通貨に関する厳しい取り締まり」は、仮想通貨の不正取引に関する監視を強めようとするFATF(金融活動作業部会)勧告に準ずるという。2月26日、香港経済日報が報じている。

報道によると、香港特別行政区政府の財政司司長である陳茂波(ポール・チャン:Chen Maobo)氏は、新年度の予算案の一部で貴金属や宝石類、仮想通貨サービスプロバイダーに触れ、マネーロンダリングとテロ資金調達防止政策を強化する方針を明かした。Maobo氏によると、G7を含む35カ国・地域、2国際機関が参加する政府間会合であるFATF(金融活動作業部会)は昨年、香港のAML規制枠組みを評価した。香港はFATFの基準に厳密に準拠するため、仮想通貨を扱う企業に関する規制を強化したい考えだ。香港では現在、予算の最終決議前に意見聴取が予定されている。

2月23日にG20(20カ国財務相・中央銀行総裁会議)は共同声明で、FATFが求める基準の遵守を各国に要請していた。G20は、「2019年10月から述べているように、ステーブルコインや類似する商品に対し、稼働前にリスクを評価し適切に対処する必要がある」と改めて強調しており、金融安定委員会(FSB)による規制勧告をサポートするとしている。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。

<SI>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/5095

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。