イーサリアム2.0クライアント「Lighthouse」の開発大詰め

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム2.0クライアント「Lighthouse」の開発大詰め

(Image: Shutterstock.com)

Sigma Primeは3月9日、開発中のEthereum 2.0のノード運用ソフトウェアの1つ「Lighthouse」において、エンドユーザー向けのUI開発に着手したことを発表した。同社は2月までにLighthouseのブロック処理速度を70%高速化し、ディスク使用量を90%削減するなどの大幅なパフォーマンス向上を施した。Ethereum 2.0の初期段階に最低限必要な機能の実装は残りわずかだという。

Lighthouseの開発は、大幅な仕様変更を行ったネットワークスタックの検証が済めば、開発目標を更新することができる。次の目標として、長期的なマルチクライアント型テストネットのリリースが控えているとのこと。開発チームは「必須機能の構築は終わりに近づいている」としたが、メインネットのリリース前にLighthouseにはより多くの機能を追加する方針だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B