分散型取引所でも仮想通貨デリバティブ取引 Synthetixがロードマップを発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

分散型取引所でも仮想通貨デリバティブ取引 Synthetixがロードマップを発表
 

分散型取引所でも仮想通貨デリバティブ取引 Synthetixがロードマップを発表

Synthetixがロードマップを発表

新着記事

イーサリアムブロックチェーン上に構築されたデリバティブプラットフォームSynthetixについて、今後追加する機能のロードマップが明らかになった。

10日の発表によると、バイナリーオプションの取引サービスも提供する。先物取引の開始も計画しており、どちらも2020年のQ3(7月から9月)にローンチする予定だ。

Synthetixは「バイナリーオプションは流動性を確保するためのプールを活用できるので、出来高も増えるだろう。トレーダーは取引相手を探す必要がなく、即座にバイナリーオプションを行うことができる」と説明している。

他のプラットフォームのビットコイン(BTC)先物と比較した場合のメリットとして、Synthetixの先物取引は、ポジションを清算する際、元になる資産は清算されないと説明。証拠金を追加する必要がないという。

他にも株やETF(上場投資信託)といった従来の金融商品のサービスも予定。Synthetixは「ETFからゴールド(金)まで取引できるようになる。また仮想通貨のインバースインデックスも取り入れ、ユーザーの利便性を向上させる」と説明している。

Q2(4月から6月)には証拠金取引の開始も予定。ユーロや豪ドルといった法定通貨の利用から試験的に始める。このレバレッジは5倍か10倍に設定して、BTCの取引から開始し、時価総額の大きい銘柄を追加していく計画だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B