10億ドル調達の貿易金融デジタル基盤komgoは実用化へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

10億ドル調達の貿易金融デジタル基盤komgoは実用化へ

(Image: Shutterstock.com)

ブロックチェーンを活用した貿易金融のデジタル化プロジェクトの1つに、Enterprise Ethereumを活用したkomgoというプラットフォームがある。米4大銀行の1つであるシティ(Citi)グループは3月10日、同プロジェクトへ技術提供を行うConsenSysのブログ投稿にて、初期段階となるkomgoのインフラが約1年の開発期間を経て完成し、プラットフォームが稼働開始、現在は参入企業の獲得が焦点になっているとコメントした。

komgoは、KomGo社が開発するブロックチェーン活用の貿易金融プラットフォーム。貿易取引におけるペーパレス化やプロセスの自動化を進め、業務効率の向上を図る。KomGo社は2018年の設立以降、10億ドルの資金調達に成功。三菱UFJ銀行や三井住友銀行、ロイヤル・ダッチ・シェルといった大手が出資している。

シティによると、komgoは最初の1年で基礎部分の設計とセキュリティの改善に注力した。インフラの開発には12か月を要し、プラットフォームは稼働を始めているという。1月には三菱UFJがkomgoを利用した信用状発行を行い、貿易決済のデジタル化に成功している(関連記事)。

従来の貿易金融においては大量の紙ベースでの書類手続きを行う必要があるが、ブロックチェーンを用いて電子化することで、それらのプロセスを可視化・自動化できる。

貿易金融のデジタル化では、R3 Cordaを活用するMarco Polo(マルコ・ポーロ)プロジェクトも進められている。こちらも2020年に商用化を計画しており、業界では年内に大きな動きが見られそうだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B