Bitcoin Core、バージョン0.19.1でBech32アドレスに対応

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bitcoin Core、バージョン0.19.1でBech32アドレスに対応

(Image: Shutterstock.com)

Bitcoin Core Projectは3月9日、Bitcoin(BTC)の基盤となるノード運用ソフトウェア「Bitcoin Core」バージョン0.19.1をリリースした。主な変更点は、Bitcoinウォレットアドレスの新フォーマットとなるBech32形式がデフォルトオプションとして追加されたほか、不具合の修正、パフォーマンスの改善が行われた。

新しいアドレスフォーマットは、SegWit(セグウィット)に対応するBech32というエンコード方式を用いる。アドレスの頭3文字が“bc1”で始まる形式でBitcoinアドレスが生成される。従来の“1”または“3”から始まるBitcoinアドレスの生成には、Base58というエンコード方式を使用していたが、Bech32形式は大文字と小文字を区別しないため、小さなQRコードになるといったメリットがあるほか、タイプミスに対する保護が向上している。

アップデートによりBech32アドレスがデフォルトとなるが、他のアドレスタイプについても必要に応じてドロップダウンメニューから選択ができる。

なお、Base58とBech32のエンコードの違いについては、フレセッツCEO兼CTOの日向理彦氏がブロックチェーン開発者コミュニティGBECのコンテンツとして、2019年11月に投稿したブログ記事が詳しい。ブログでは、そのメリットを紹介するが、Bech32には深刻なバグも潜むなど問題点も指摘している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B