ビットコイン詐欺、YouTubeで広告掲載 ジェームズ・ボンドなど著名人の名を利用した巧妙手口

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン詐欺、YouTubeで広告掲載 ジェームズ・ボンドなど著名人の名を利用した巧妙手口
 

ビットコイン詐欺、YouTubeで広告掲載 ジェームズ・ボンドなど著名人の名を利用した巧妙手口

ジェームズ・ボンドを仮想通貨詐欺に利用

ジェームズ・ボンド役で有名な俳優のダニエル・クレイグ氏の名が、ビットコイン(BTC)詐欺に使われていたことが分かった。実業家のイーロン・マスク氏の名前も本人の許可なく使用されていた。

ダニエル・クレイグ氏は、2006年より人気スパイ映画「007」シリーズで主役のジェームズ・ボンドを演じた著名俳優。出演する最新作「No Time to Die」も上映が控えている状況だ(コロナウイルスの影響で一時延期)。

詐欺師はYouTubeで、映画延期に関する記事を宣伝。広告をクリックした視聴者をクレイグ氏の偽インタビューへと誘導させているという。

こうした有名人の名を利用しながら、詐欺の記事は「彼ら技術分野の天才達は」「現在、彼らは富の不平等という世界的な問題に取り組んでおり、裕福な人でも貧乏な人でも、幸せで充実した人生を楽しむのに十分なお金を稼げるような仕組みを作っている」と宣伝した。

「安全・簡単・儲かる」には注意が必要

こうした広告に騙される人がいるのだろうかと首を傾げたくなってしまうが、有名人の名前を挙げて信ぴょう性を高めるのは詐欺の常とう手段でもある。

今年2月に、ベルギーの金融サービス・マーケット機関(FSMA)は詐欺の疑いがある仮想通貨関連のウェブサイトを新たにブラックリストに追加した。

その際、FSMAは詐欺を見分ける法則について、詐欺サイトは「安全・簡単・儲かる」を売り文句にしていることが多いと注意喚起した。

特に、仮想通貨についての詳しい知識は不要である、または、専門家が顧客の資産を運用すると主張するサイトには警戒を呼び掛けている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B