金融包摂を目指した新たな仮想通貨構想 「セロ」a16z、CoinbaseVCなど50社を超える参加

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

金融包摂を目指した新たな仮想通貨構想 「セロ」a16z、CoinbaseVCなど50社を超える参加
 

金融包摂を目指した新たな仮想通貨構想 「セロ」a16z、CoinbaseVCなど50社を超える参加

金融包摂を目指すセロプロジェクト

米シリコンバレーのスタートアップcLabsが開発するセロ(Celo)プロジェクトに、50社に及ぶ初期加盟メンバーが参加することが発表された。フェイスブック社の考案したプロジェクト仮想通貨リブラとの類似点も指摘されている。

今回、セロプロジェクトに参加する企業の同盟「Alliance for Prosperity」にはa16z、Coinbase Ventures、Polychain Capitalなどの仮想通貨・ブロッコチェーンVCが参加。

その他にも、ウォレットメーカーのLedger、仮想通貨カストディアン企業アンカレッジ、ブロックチェーンプロトコルプロバイダーBison Trailsなどが含まれる。

Celoは世界的に有名な人工言語であるエスペラント語で「purpose(目的)」を意味している。エスペラント語が異なる言語間のコミュニケーションを手助けするため開発されたのと同様に、セロプロジェクトもすべての人が繁栄できる環境を実現するための金融システムの構築を目指しているという。

セロプロジェクトでは、モバイルファーストを宣言しており、スマホから電話番号宛てで簡単にお金をやり取りすることを可能に。最初は、銀行口座を持たない新興国の人々を対象とする見込みである。

リブラ協会のメンバーも参加

すでに、アンドレーセン・ホロウィッツ氏の著名ベンチャーキャピタルファンド(a16z)や、Polychain Capital、などから計3000万ドル(約33億円)の投資を受けているほか、Twitter社CEOのジャック・ドーシー氏も出資を行っている。

また、Celoの創設者であるRene Reinsberg氏は以下のように述べている。

「Alliance for Prosperity」が「誰もが繁栄を共有できる未来」の創造に貢献し、国境を越えた送金から、人道支援団体への寄付まで、お金が仲介人のポケットではなく、正しく本来の受け手へ届くようにしたい

このプロジェクトは、リブラの構想にも類似していることが注目される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B