フランス規制当局、セキュリティトークン規制でEU規模のサンドボックス制度設立を提案

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フランス規制当局、セキュリティトークン規制でEU規模のサンドボックス制度設立を提案
 

フランス規制当局、セキュリティトークン規制でEU規模のサンドボックス制度設立を提案

非中央集権的な取引プラットフォームの規制が課題

フランス規制当局は、セキュリティトークンへの金融規制に関する分析レポートを公表。ヨーロッパ規模での規制サンドボックス制度の設立を提案した。

セキュリティトークンに関する法規制をめぐって問題となるのは、トークンの取引を行う場だという。発行に関してはIPOと同じく、目論見書を提出する規制方法が有効となる。

AMFは、非中央集権的な性質を持つセキュリティトークンの取引所は現状の規制の適用に課題があり、いわゆる規制のサンドボックス制度として、国を超えたヨーロッパ規模でのデジタルラボの設立を提案した。

これは、それまでの実例を踏まえて規制の枠組みを作る必要があるが、そうやって造られた規制は実例となるサービスの登場を妨げてしまうということを意味する。

そこで、規制当局の監視のもと、それまでの規制をある程度無視できる形で斬新なサービスを実験することができる規制のサンドボックス制度の必要を訴えた。

参考:Review and analysis of the application of financial regulations to
security tokens

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B