米仮想通貨取引所コインベース、ビットコインのバッチ処理を開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米仮想通貨取引所コインベース、ビットコインのバッチ処理を開始
 

米仮想通貨取引所コインベース、ビットコインのバッチ処理を開始

バッチ処理導入で、手数料削減に期待

新着記事

大手仮想通貨取引所コインベースが、ビットコインのバッチ処理を導入したことが分かった。この機能によって、ユーザーは取引手数料を節約することができる。ただ、導入の遅れについて、一部のユーザーからは不満の声も挙がっている。

一般的にバッチ処理とは、ある程度のデータ量を溜めてから一括して処理する方式である。

ビットコイン取引におけるバッチ処理は、複数のトランザクションを1つのブロックにパッケージ化することで機能する。

コインベースによると、ビットコインネットワークの負荷が50%以上削減され、送信時にユーザーが支払うネットワーク料金も、自動的に同等の割合で削減される見込みだという。

ビットコイン取引では送金などを行う時、処理手数料を支払う必要がある。手数料を多く払えば自分の取引の処理が優先されるため、取引が活発な時期は手数料が高騰した。

バッチ処理の導入に際して、ユーザーは特に手続きする必要はない。ネットワークでは、トランザクションにわずかな遅延が発生するものの、ユーザーが通常のレートでトランザクションを行う際の承認時間には影響しない。

競合取引所であるKrakenや、ウォレットプロバイダーのSamouraiなどは、数年前からバッチ処理機能の提供を開始していた。

またトランザクション手数料は安くなるものの、バッチ処理によって同じブロックで支払われた他の全員のアドレスが閲覧できた場合、プライバシー性が損なわれる可能性が指摘されている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B