ビットコイン大暴落で数億ドルの「マージンコール」発生、大手仮想通貨ローン企業で

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン大暴落で数億ドルの「マージンコール」発生、大手仮想通貨ローン企業で
 

ビットコイン大暴落で数億ドルの「マージンコール」発生、大手仮想通貨ローン企業で

BTCローン:マージンコール大量発生

12〜13日に確認されたビットコインの歴史的な急落に伴い、仮想通貨(暗号資産)を担保とするローンでは、貸し手が借り手に追加の担保を要求すること(マージンコール)が発生。仮想通貨融資を行うジェネシス・キャピタルは、約40の顧客の資金プールから、1億ドルの担保を請求したことが、同社CEOの証言で明らかになった。

また、ジェネシスのライバル企業であるセルシアスやNexo、Blockfiでも、マージンコールが発生するなど、暴落の影響が多方で見られている。

セルシアスのCEOによると、同社は225機関に貸し付けており、常に4億ドルから6億ドルの融資額を保持している。

仮想通貨レンディングのBlockFiでは、ドル建ての貸出金の一部を清算してマージンコールを行ったという。

過去1年間で、仮想通貨の貸付は活発になっていた。保有する仮想通貨資産を貸し付けることで利回りを獲得しようとする投資家、手元の仮想通貨を売らずに現金を調達しようとするユーザーが利用。またマーケットメーカーも注文を迅速に処理するために仮想通貨を借りていた。

担保要件を変更する会社も

MakerDAO、緊急シャットダウンも

ジェネシス・キャピタルは、市場が落ち着くまで100%未満の担保付ローンを行わない予定と発表。

もし相場のボラティリティが収まらない場合は、さらに引受基準が厳しくなり、担保要件は130〜150%の範囲まで上昇する可能性もあるとした。

さらに、分散型金融プロジェクトでもっとも利用されるMakerDAOは、イーサリアム価格の暴落によりシステムの対応が追い付かず、システム側は総額400万ドルの損失を被ったことが分かった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B