仮想通貨USDTが一時29%高の異常値 ビットコイン価格への影響を過去事例から考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨USDTが一時29%高の異常値 ビットコイン価格への影響を過去事例から考察
 

仮想通貨USDTが一時29%高の異常値 ビットコイン価格への影響を過去事例から考察

仮想通貨USDTが一時29%高の異常値

仮想通貨市場で15日、ドル価格に連動する仕組みを持つステーブルコイン「USDT(テザー)」の価格が、一時1USDT=1.29USDまで、29%の乖離が発生していたことがわかった。

通常、マーケット価格が変動する仮想通貨の急ピッチな値動きを報告するパンプBOTなども、今回のUSDTの値動きを急騰として報告。国内外のトレーダーが、今後の値動きに対して一時警戒感を高める状況に発展した。

USDTの値動きは、過去にもビットコインの値動きに影響してきた側面があるが、実際に値動きに影響があるのか検証するために、過去事例を振り返る。

過去事例

影響する事例と需給の乱れ

過去に10%以上乖離した事例を調査した結果、USDT価格の急騰は今回を除いて過去に2度確認された。

これをビットコインのチャート上で示すと以下の通りになる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B