「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性
 

「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性

コロナショックと半減期の「ダブルパンチ」

特に、BTC価格の急落が業績に直結するマイナー収益をひっ迫。5月には、マイニング報酬のBTCが半減する「半減期」が迫るなど、事態は深刻との見方も出てきた。

BTC価格が回復する見通しが立たなければ、仮想通貨マイナーはコロナショックと半減期のダブルパンチを食らう恐れがある。

前週比40%近い急落で、現物市場価格は60万円近くで推移。安価なコストとマシン供給ラインが確保できない一部のマイナーから、収益性が赤字に転落。稼働を停止した懸念が生じている。

マイナーは、基本的に採算がマイナスに転じたケースでは、例外を除いて稼働を停止する(赤字で掘り続けない)ことが過去事例やマイナーの証言から明らかになっている。blockchain.comによると、BTCのマイニング計算力を表すハッシュレートは、3月13日に前日比約20%減となった。

「コロナショック」で一部マイナーが採算割れか

マイナーの損益分岐点は?

「BTC半減期」も価格下落続けばマイナーに打撃

マイニング収益は、マイニング地域の電気代を含むコスト感やマイニング規模、使用するマイニングマシンによって、大きく損益分岐点に差が生じる。(留意点でもある)

いずれにせよ、現在のマイナーの平均損益分岐点は1BTC 70万円から80万円と試算され、一部のマイナーは、今回の暴落で一時的に採算割れをしていることが推測される。

さらにマイナーの頭を悩ませるのは5月のBTC半減期だ。

これは、半減期後にマイニング報酬として新規発行されるBTCが半減することで、より収益への影響が懸念されることが理由に挙がる。BTC価格が大幅に上昇しなければ、より多くのマイナーが赤字に転落する恐れがある。

採算割れによって撤退するマイナーが増加すれば、採算ラインを抑えられる大手マイナーにBTCネットワークが寡占化され、セキュリティリスクが高まる。2018年に見られたマイナー撤退と取引価格の続落といった、負のスパイラルを再現する可能性も懸念される。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B