トヨタ、ブロックチェーン活用の新時代実現に一歩前進

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トヨタ、ブロックチェーン活用の新時代実現に一歩前進

(Image: JuliusKielaitis / Shutterstock.com)

BUIDLは3月16日、トヨタファイナンシャルサービスと取り組むブロックチェーン基盤の構築に関する実証実験が完了したことを発表した。両社は、2019年4月に設立されたトヨタグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」における取り組みの1つとして、Personal IDおよびVehicle ID基盤の構築とID間連携に関する実証実験を行った。

Personal IDは、消費者自身で情報を管理できる自己主権型IDをコンセプトに開発する。将来的にトヨタグループのみならず、あらゆる場所で利用できる共通IDを目指す。認証IDとして機能するPersonal IDは、IDにひも付く契約の締結、ポイント支払い機能などを実装するという。

また、Vehicle IDでは車両情報の登録、整備情報の記録、情報閲覧権限の管理、所有権の移転などが可能な基盤を構築する。Vehicle IDにひも付く車両情報は、Personal IDにひも付けた所有権や閲覧権限を元に制御されるよう、相互の基盤は連携し動作するよう設計されている。

ブロックチェーンに関しては、レイヤー1はEthereumを使用、スケーラビリティが必要な処理はレイヤー2技術を使用する。編集部が取材したところ、レイヤー2にはOmiseGoを使用しているが、状況はかなり試験的だということがわかった。また、秘匿化が必要なVehicle IDにおいては、Hyperledger Fabricを用いたコンソーシアム型ブロックチェーンにて管理をする。それぞれのブロックチェーンは、目的に応じてシームレスに動くような設計になっているという。

ブロックチェーン概要(リリースより引用)

両IDの開発は、ブロックチェーンセキュリティ企業の米Quantstamp社と両社の知見を持ち寄り開発が完了したという。これらの環境のもと、検証観点に基づいたシナリオを用いて実証実験を行った結果、両社はブロックチェーン技術の有用性を確認することができたという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B