トヨタ、自動車ID活用し中古車の流通を追跡

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トヨタ、自動車ID活用し中古車の流通を追跡

(Image: TanyaLovus / Shutterstock.com)

Datachainとトヨタファイナンシャルサービスは3月16日、ブロックチェーンを活用した車両の「価値証明」と「所有権移転」に関する実証実験を行ったことを発表した。両社は、2019年4月に設立されたトヨタグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」における取り組みの1つとして、自動車ID活用した中古車販売の流通におけるデータ連携の有用性を検証した。

実証実験では、自動車の二次流通市場、いわゆる中古車販売においてブロックチェーン技術を活用し、車両価値の算出や所有権移転におけるデータ連携の有用性を検証した。検証項目として、具体的に「データ連携による良質な車両の価値証明」と「将来的な電子契約/権利移転の利便性の高さ(カーシェアリング等)」の2点を挙げている。

実証においては、ブロックチェーン技術にEthereumを採用し、サイドチェーン上でアプリケーションを構築することでスケーラビリティと改ざん耐性の両立を実現する。サイドチェーンには、Cosmos(コスモス)を基盤とするTendermint(テンダーミント)をベースにDatachainが開発したブロックチェーン「Hypermint」を使用。車両の所有権を代替不可トークン(Non-Fungible Token、 略称:NFT)を用いて表現するとした。また、車両の所有権トークンと代金となるトークンのAtomicSwapによる当事者間直接取引を実現する。

実証実験により、ブロックチェーン技術によりデータの真贋の検証が可能であること、車両固有のIDにひも付く形で管理されたデータが二次流通取引時に価値を伝える際に有用であることが検証されたという。両社は、今回の結果を踏まえ、今後は次のフェーズへの移行に向けた検討を進めていくことも明かしている。

ブロックチェーン概要(リリースより引用)

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B