PoW仮想通貨の懸念「51%攻撃」への反撃に成功 ビットコインゴールドで

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

PoW仮想通貨の懸念「51%攻撃」への反撃に成功 ビットコインゴールドで
 

PoW仮想通貨の懸念「51%攻撃」への反撃に成功 ビットコインゴールドで

二重支払いへの反撃が観測される

DCIは米ハーバード大学と共同で「二重支払いへの反撃」と題する、51%攻撃を防御する戦略に関する論文を発表していたが、先月、その証拠となる実際の反撃をBTGブロックチェーンで発見したという。

51%攻撃は、特に小規模なPoWチェーンで懸念に挙がっていた攻撃で、小規模チェーンの対策として、改めて注目される事例となりそうだ。

研究者らは、昨年6月、ブロックチェーンのReorg(再編成)トラッカーを実装し、現在、23のPoWブロックチェーンを監視しているという。 BTGブロックチェーンでは、今年1月23日から2月5日の間に、8つの再編成が観察され、そのうちの4件で合計12858 BTGの二重支払いが行われたことが確認された。

「Reorg」とは、チェーンが分岐した際に、最も長いチェーンへと修正するために統合することで、一本のブロックチェーンとして取引の整合性を保つ役割を果たす。51%攻撃では、ハッカーが、不正取引を承認させるため、意図的にReorgを引き起こすこともある。

ブロックチェーンの再編成(Reorg)

ビットコインゴールドと51%攻撃

PoWブロックチェーンのセキュリテイ

このケースでは、典型的な二重支払い攻撃によるトランザクションの巻き戻しが行われたが、その二重支払いも巻き戻され、最初のトランザクションが再び有効となった。 この行程が四度、2時間半に渡って攻撃者と反撃者の間で繰り返されたが、最終的には元々のチェーンが統合されたため、二重支払いは失敗に終わった。

トランザクションの巻き戻しなど、賛否分かれる状況ではあるものの、いずれのケースでも、ハッカーに対する反撃が功を奏したという。

ビットコインのハードフォークにより2017年10月に誕生したビットコインゴールド(BTG)だが、これまでに幾度か51%攻撃に見舞われている。

最大の被害は、2018年5月、複数の仮想通貨取引所から38万8200BTG(時価20億円相当)が盗み出された事件。 また今年1月下旬には、51%攻撃の被害が報告されたものの、取引所間のリスク管理システムによって結果的に攻撃は失敗に終わったと報道された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B