トヨタ、B2C取引データ管理でブロックチェーンの有効性を確認

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トヨタ、B2C取引データ管理でブロックチェーンの有効性を確認

(Image: josefkubes / Shutterstock.com)

分散型台帳技術Scalar DLTを開発するScalar社とトヨタファイナンシャルサービスは3月16日、B2C取引のデータをScalar DLT上で管理する実証実験を行ったことを発表した。実験では、当該データのコントローラビリティ・トレーサビリティ・真正性等の検証を行った。各検証項目は正しく保証されていることが確認でき、同技術の有用性を確認できたとしている。

2019年11月まで行われた同実験は、トヨタグループ横断のバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」における取り組みの1つ。両社は今後、さらなる技術的な検証および実サービス化に向けた検討を継続的に行うとのこと。

Scalar社の「Scalar DLT」は、分散データベース「Scalar DB」と分散型台帳「Scalar DL」から構成される分散型台帳ソフトウェア。電子署名されたスマートコントラクトを分散トランザクションの形式で実行し、実行結果を複数の独立したコンポーネントで管理する。「Scalar DLT」は、耐改ざん性を有しつつ、従来のブロックチェーンよりも高いスケーラビリティ、強い一貫性、確定性を実現するという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B