2020年4月から改正犯収法施行。KYC要件が厳格化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

2020年4月から改正犯収法施行。KYC要件が厳格化

(Image: Shutterstock.com)

4月1日施行の「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)」の改正に伴い、国内の仮想通貨交換所は、口座開設の際の本人特定事項の確認の厳格化に対応する。新規口座開設時に提出する本人確認(KYC)書類が2種類必要になる。

犯収法は、マネーローンダリングやテロ資金供与防止を目的として、特定の事業者が取引する際の本人確認等について定める法律。今回の改正によって、新規口座開設には本人確認書類2種類の提出が必須となる。

必要書類は、仮想通貨交換所によって若干提出可能な書類は異なるが、運転免許証、マイナンバーカード(写真つきのもの)、各種健康保険証、住民票、印鑑登録証明書等から2種類か、1種類の場合は補完書類として、納税証明書、社会保険料領収書、公共料金領収書等から1種類を併せて提出することができる。

国内の仮想通貨交換所においては、3月17日時点でVCTRADE、GMOコイン、BTCBOX、DMM Bitcoin、Coincheckが、本人確認書類の提出方法についての変更(予定も含む)を告知済みだ。それぞれ、必要書類の詳細や変更時期について明らかにしている。

また、犯収法改正後も1種類の本人確認書類のみで申請ができるオンラインによるeKYCの導入も進んでいる。eKYCは、BITMAX、bitFlyer、Huobi、Coincheck、DeCurretが導入済み。BTCBOX、bitbankが導入を予定している(過去記事)。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B