仮想通貨の先物取引Bakkt、3億ドルのシリーズB資金調達を完了

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨の先物取引Bakkt、3億ドルのシリーズB資金調達を完了

(Image: grejak / Shutterstock.com)

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所(Intercontinental Exchange=ICE)が設立したBakktは3月16日、シリーズBで3億ドルの資金調達が完了したことを、同社CEOのマイク・ブランディナ(Mike Blandina)氏がブログにて明らかにした。

マイクロソフトの投資部門M12や親会社のICE、ボストン・コンサルティング・グループらが投資ラウンドに参加したことを報告している。また、2020年夏に発売が予定されている様々なデジタル資産を換金できるBakktアプリに関する最新情報も併せて発表。Bakktアプリのサービス拡充に向けて、2月に発表したロイヤリティサービスプロバイダーBridge2 Solutions社の買収についても触れている。

Bakktは2019年9月に、顧客のBitcoinを保管するサービスおよびBitcoin先物取引サービスを開始。10月には、コンシューマー向けアプリで個人消費者をターゲットにしていく方針を発表している。

今夏ローンチを予定しているBakktアプリは、消費者の持つロイヤリティや報酬ポイント、ゲーム内資産、仮想通貨など、あらゆるデジタル資産を換金することができるサービスになるという。これらのデジタル資産には潜在的な個人消費力があり、1兆ドル近い市場規模があるにも関わらず、消費者は依然としてデジタル資産にアクセスすることは難しく、追跡するのは難しい、利用するのは難しいと感じていると、ブランディナ氏はブログで語っている。

ブランディナ氏は、Bakktアプリのローンチにより1兆ドル近いデジタル資産を解放できるだろうと述べた。シリーズBの資金調達とBridge2 Solutionsの買収が完了したことにより、Bakktは従業員350名のチームになっている。また、米国の金融機関上位10社のうち7社のロイヤルティプログラムと、米国大手航空会社2社を含む4500以上のロイヤルティおよび報酬プログラムをサポートすることも報告している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B