仮想通貨Steemを巡り敵対的ハードフォークが計画か 通貨分裂の可能性も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨Steemを巡り敵対的ハードフォークが計画か 通貨分裂の可能性も
 

仮想通貨Steemを巡り敵対的ハードフォークが計画か 通貨分裂の可能性も

敵対的ハードフォークを計画

Blocktradesの設立者で、Steemの委任者の一人でもあるDan Notestein氏が、ハードフォークの計画を分散型メディアプラットフォームのSteemit上で発表し、一部のコミュニティ側から賛同する声が相次いでいる。

Steemitは広告がなく、広告主の影響力を排したメディアプラットフォームであることを特徴としており、記事を投稿すると、投稿者はSteemを報酬として受け取ることができる。

また、読者も記事を評価するといった形でエコシステムに関わることでインセンティブが得られる。似たような仕組みを持つプロジェクトとしては日本ではALISなどが有名だ。

DPoSではさらに、Steemの保有者は委任者(Witnessesと呼ばれる)を選出することで、委任者がノードを運用、ブロックを生成する。これによって、少数の信頼できる人によって短い時間でブロックが生成されるという、安定性と実用性を兼ね備えた仕組みを目指している。

Steemのこれまでの経緯とは

ハードフォークで何が起こるのか

この資産はコミュニティでの投票などに使われないことがSteemitによりプロジェクトのロードマップなどで宣言されていた。

これに対し、justin側は取引所のバイナンス、HuobiGlobal、Poloniexと協力、取引所が顧客から預かっていたと思われるSteemを投票に使用し、委任者(Witness)をバイナンスとJustin Sun氏の認める代表者に置き換える措置をとり、チェーンの実質的な乗っ取りを行なった。

そして今回、Notestein氏は新しいチェーン「Hive」へSteemを移行する計画を発表したのがこれまでの経緯となる。

Notestein氏はSteemの価値の根源はコミュニティにあるとし、ハードフォークが行われれば現行のSteemの価値はなくなるだろうとしている。同氏も委任者であるため、大量のSteemを保有しているが、徐々に手放していく考えを示した。

以下に簡単な経緯をまとめた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B