大学卒業で仮想通貨やFX投資は卒業する傾向か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大学卒業で仮想通貨やFX投資は卒業する傾向か

(Image: Shutterstock.com)

GMOあおぞらネット銀行は3月17日、大学4年生と社会人1年生各500人を対象に行ったマネーに関するアンケート調査結果を発表した。「投資を行っている」と回答した大学4年生は16.4%、社会人1年生は26.8%だった。このうち、大学4年生の投資先で3番目に多いのが18.3%の仮想通貨投資。一方、社会人1年生で仮想通貨投資を行っているのは14.2%とされている。

いずれの母集団でも株式投資と投資信託が上位を占め人気だった。一方、3位以下では傾向が大きく異なる。大学4年生は3位にFX(外国為替証拠金取引)と仮想通貨が同率で並ぶ。一方、社会人1年生は同じ位置に確定拠出年金を置く結果となった。個人型確定拠出年金(iDeCo)と企業型確定拠出年金を合わせると、投資を行う社会人1年生の4割以上がこれらを投資先と回答している。

大学4年生・社会人1年生の現在の投資の状況

大学4年生・社会人1年生が現在行っている投資

iDeCoの場合には月次の国民年金の納入が必須であり、企業型の場合は就業している必要があるため、いずれも大学4年生にはハードルが高い。2つの母集団では前提条件が異なるが、社会に出た瞬間から「将来の安定」には一定の価値が見いだされるようだ。仮想通貨やFXは比較的不安定な投資商品と言えるので、それらの利用割合が減じていることにも社会人1年生の安定志向が表れている。

そのほか、GMOあおぞらネット銀行は収入事情や支出実態、マネー習慣とお金の悩みなど、多岐にわたる調査結果を報告している。本筋とは離れるが1つ気になったのは「趣味のために使うお金」だ。いずれの母集団でも10%以上が月に0円と回答しているのだ。単純に無趣味なのか、月0円で満足いく遊びが若い世代で流行しているのだろうか。

大学4年生・社会人1年生が1か月に自分の趣味のために使っているお金

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B