HISグループ会社、開発中のネオバンクにビットキーの基盤を採用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

HISグループ会社、開発中のネオバンクにビットキーの基盤を採用

(Image: Shutterstock.com)

スマートロック「bitlock」を開発するビットキーは3月18日、エイチ・アイ・エス(HIS)グループのH.I.F.社が開発中のネオバンクサービス「FimpleBank(フィンプルバンク)」の個人認証基盤に、同社のデジタルキープラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」が採用されたことを発表した。ID連携・認証と権利処理に活用される。

同社のビットキープラットフォームは、認証技術、連携技術、P2P・分散システムを応用した、ID連携・認証と権利処理を行うデジタルプラットフォーム。機能の1つ 「ID Access Controller」により、例えばネットバンキングへのログインでは「8桁のパスワード」と「SMS認証」、振込は「SMS認証」と「顔認証」を組み合わせるなど、その認証強度設定や認証実行が可能だという。別機能の「ID Converter」では、ID間の読み替えも可能だ。

H.I.F.社が開発中のフィンプルバンクは、同社のビットキープラットフォームを採用することで、ログイン時に必要な個人認証まわりの開発・運用コストの削減とセキュリティを確保することができるという。

フィンプルバンクは、GMOあおぞらネット銀行を所属銀行とするH.I.F.社が提供予定のネオバンク。ネオバンクは、自らは銀行免許を持たず、所属銀行のデジタルインターフェースとして、オンラインによる各種バンキングサービスを提供する新しい形の銀行となる。

ビットキーは今後、現在開発中の「顔認証」や「オンライン本人確認のeKYC」などの機能をビットキープラットフォームに追加し、より高いセキュリティかつ低コストでの提供を目指すとした。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B