bitFlyer「ハル」氏 vs TAOTAO「仮想NISHI」氏 仮想通貨業界対談|前編

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

bitFlyer「ハル」氏 vs TAOTAO「仮想NISHI」氏 仮想通貨業界対談|前編
 

bitFlyer「ハル」氏 vs TAOTAO「仮想NISHI」氏 仮想通貨業界対談|前編

 ハル

bitFlyer社長室所属。bitFlyerグループ全体のPRとbitFlyer Blockchainにてブロックチェーン事業の新規開発を担当する。ソフトバンクグループ社長室から2019年3月にbitFlyerへ入社。

個人Twitter:@kasou365

取引所Twitter:@bitFlyer

 仮想NISHI

「新しいお金。新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。仮想通貨トレーディングツール、DECOCHARTやTASKALの企画・監修者としても携わる。

個人Twitter:@Nishi8maru

取引所Twitter:@taotao_ex

仮想通貨投資家から取引所社員へ

仮想通貨メディアCoinPostの取材に応じた、国内仮想通貨取引所bitFlyerの「ハル」とTAOTAOの「仮想NISHI」は、開口一番そう語った。2人は、仮想通貨業界のインフルエンサーとして活動するなかで、業界の可能性に惚れ込み、仮想通貨取引所への転職を決意したという。

ならば、自ら仮想通貨取引所に転職し、改革すべく一石を投じようと。これが日本人投資家の要望を掲げて、業界内部から変えていく「刺客」という意味です。

入社してから1年が経ちますが、もっともっと多くの人に仮想通貨のことを知って、興味を持ってもらいたいですね。また、ブロックチェーン大国として日本が世界に打って出るべきだとも考えていて、bitFlyerから挑戦していきたいです。

まずは国内で取り組み、世界へと拡大してゆく。日本でも、世界でも、安心して仮想通貨を扱っていただきたい。これが私たちbitFlyerの挑戦です。

国際色豊かな多様な人材と、年功序列のない組織の中で、日々ワクワクしながら仕事をできる環境はとてもありがたいです。

日本の仮想通貨市場の復活のためには、最近海外に流出しがちなお客様に改めて国内の取引所の良い点を知っていただく必要があると思っています。

新しい風を起こすべく、他業界から即戦力として加わったハル氏と仮想NISHI氏は、「今現在の仮想通貨・ブロックチェーン業界だからこそ面白い。少しでも良い方向に変えていければ。」と意気込みを語った。

bitFlyerとしては、高い流動性を保ちながら、日米欧の3地域で法令に沿ったコンプライアントな運営をしています。bitFlyerは日米欧の3地域において仮想通貨交換業者としての認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所として、お客様に究極の体験をお届けしていきたいです。

本インタビューは、仮想通貨業界の”リアル”に本音で斬り込みつつ、コインポストを交えた対談形式の2部構成でお届けする。

大手企業から仮想通貨業界へ

私たちは、挑戦し続けたい

取引所の内側からみた業界事情

日本の仮想通貨市場の復活のためには

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B