スクエニ、ブロックチェーンゲームThe Sandboxに出資

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スクエニ、ブロックチェーンゲームThe Sandboxに出資

中国・香港を拠点とするゲーム開発会社Animoca Brands(アニモカブランド)は3月20日、ブロックチェーンによる仮想世界プラットフォーム「The Sandbox」を開発する同社子会社のTSB Gamingが、スクウェア・エニックスなどから仮想通貨を含む総額201万ドル(2億2000万円相当)の出資を受けたことを発表した。

The Sandboxは、3Dボクセル(ブロック)による仮想世界で、物や建物を作るなど様々なゲーム体験ができる、仮想空間プラットフォーム。プレイヤーは、所有する土地(LAND)やキャラクター、アイテム等をEthereumブロックチェーンによる代替不可トークン(NFT:Non-Fungible Token)として売買することができる。

TSB Gamingは2019年7月から9月の期間、The Sandbox内で利用できるようになるSANDユーティリティトークン(ERC-20トークン)の発行およびSAFE債(将来株式取得略式契約スキーム)による資金調達を実施。スクウェア・エニックス、True Global Ventures、B Cryptosら複数の投資家を引受先とし、現金83%、BitcoinおよびTetherの仮想通貨17%からなる総額201万米ドルを調達する契約を締結した。

The Sandboxゲームシリーズは、2012年に携帯電話向けに開発されたゲームプラットフォーム。その後、Windows版等が登場し、ダウンロード数4000万、月間アクティブユーザー数100万人を超える人気ゲームシリーズだ。

現在開発中のブロックチェーン版The Sandboxは、ユーザーがボクセルアイテムとゲームの世界を作れるようにすることで、新たな創造性と商業的な可能性を生み出すことが期待されている。プレイヤーが生成したデジタル資産は、その希少性に応じてERC-721またはERC-1155規格の代替不可トークンになるという。

2020年後半をローンチ予定とするブロックチェーン版The Sandboxは、仮想空間内の土地(LAND)を販売する2回のプリセールを行い、すでに1万以上のLANDを売却し、1300ETHを超える資金を調達している。3月31日には、第3回となるLAND先行販売を予定している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B