ビットコインの底値はどこ? 株式指数と仮想通貨市場、過去の相関事例=Santiment考察レポート

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの底値はどこ? 株式指数と仮想通貨市場、過去の相関事例=Santiment考察レポート
 

ビットコインの底値はどこ? 株式指数と仮想通貨市場、過去の相関事例=Santiment考察レポート

株式市場との相関関係が示唆するのは?

新型コロナウィルスの世界的感染拡大による打撃は、株式市場のみならず仮想通貨市場まで波及し、ビットコインの安全資産説に疑問符を投げかける展開にも発展した。 このような状況を受けて、Santimentが過去5年間にわたるS&P500指数とビットコインとの相関関係を詳細に調査、大変興味深い事実を発見したという。

先週のビットコインとS&P500指数の相関は、直近2年間、つまり過去最高値を記録した仮想通貨バブルが弾けた2018年2月以来、最高の0.6を記録した。(1は正の相関、0は各自独立した動き、-1は逆相関)

長期的に見ると、2つの資産クラス間の相関は大きな幅で増減を繰り返しているが、このグラフ(青線)にビットコイン価格の推移(オレンジ色)を示すグラフを重ねると、あるパターンが観測されたという。

ビットコイン価格下落時に正の相関が発見される

もう一つの発見

歴史が繰り返すとすれば

ビットコインが底値から回復する際に相関関係が薄れて行く例として、次の三つの状況を示した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B