仮想通貨ビットコイン、3日後に過去最大規模の難易度マイナス調整 半減期後の予想ケースでも注目

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコイン、3日後に過去最大規模の難易度マイナス調整 半減期後の予想ケースでも注目
 

仮想通貨ビットコイン、3日後に過去最大規模の難易度マイナス調整 半減期後の予想ケースでも注目

ビットコイン、3日後に最大規模の難易度マイナス調整

BTC.comのデータによると、次回の難易度調整で−11.35%を予定。2016年以降2番目に大きい調整が予定される。

長期的に上昇基調を維持してきたビットコインハッシュレートは、大幅な難易度のマイナス調整を経験したことは数少ない。10%ものマイナス調整となると、前回がチャート上の黄色の丸に相当する2018年末。その前は2014年まで遡る。

それだけ、ビットコインマイナーが大幅に赤字に転落するタイミングが少なかったことを意味する。一方で、コロナ危機に伴う価格の急落の影響を物語っていると言えるだろう。

2018年では、価格下落に伴い、ビットコインバブルに合わせて増加した中小マイナーの撤退が影響し、ハッシュレートも急落。撤退するマイナーの投げ売りが上値を重くした要因との見方も強まった。

今回も、コロナ危機に伴う世界同時株安に同調したビットコイン価格が急落したことで、採算が取れなくなったマイナーが稼働を停止した。

今回の問題点

状況を整理するために、今回の問題点を以下に羅列した。

一つが、その期間でマイナーの収益性が悪化していること。もう一つが、それに伴いブロック生成速度が遅延していること。

ビットコインのマイニング時に行われる計算は、約10分間に1回行われるが、この割合で正解が導き出せるように難易度調整という調整ポイントが設けられており、ビットコインが新たに発行されるペースを維持する。

逆に言えば、その期間(難易度調整間)内は、ビットコインを採掘するマイナーの収益性が悪化する可能性があり、今回のような市場の急落が起こると、マイナーが一時的に撤退する事例に繋がる「マイナー撤退とハッシュレートの下落のケース」に発展する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B