トヨタ自動車とNTTが異例の資本提携へ スマートシティの開発で連携

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

トヨタ自動車とNTTが異例の資本提携へ スマートシティの開発で連携
 

トヨタ自動車とNTTが異例の資本提携へ スマートシティの開発で連携

トヨタ自動車とNTTが資本提携へ

本提携では、両社が相互に出資を行って株式を持ち合い、スマートシティの開発で連携するという。本日開催の取締役会で協議し、公式に発表を行うとみられている。

スマートシティの開発とは、AIやIoTといった先端技術を活用して、都市の機能やサービスを効率化・高度化して、快適性や利便性を高める取り組みだ。トヨタが持つ自動車運転などの次世代技術とNTTの高い通信技術を相互に活用し、スマートシティの構想を加速することが目的とみられる。

トヨタのメリットとしては、次世代通信規格「5G」を使った次世代車の開発を加速することができる。自動車産業は、つながる車(コネクテッドカー)や自動運転、シェアリングや電動化といった「CASE」と呼ばれる分野で開発の競争が激しくなってきた。NTTとはつながる車の共同研究開発で2018年12月から実証実験を進めており、今回の提携で関係をさらに深め、開発を加速する狙いがあるとみられる。

一方NTTも、スマートシティ構想を成長戦略の柱の1つに据えている。例えば米ラスベガス市とは、監視カメラや音響センサーを組み合わせ、通行する車両や人の状況を検知・予測するシステムを開発。交通事故の減少などに役立つ取り組みだ。

また千葉市とは自動運転の実証等を進めているという。NTTにとっては、このように自動車が関わる取り組みにトヨタの知見を活かすことができるメリットがある。スマートシティでは様々なセンサーを連携させるため、NTTグループが保有する通信技術を活かし、収益増加にもつなげたい。

トヨタの取り組み

トヨタは移動に関わるあらゆるサービスを提供する企業へ転換しようとしている。NTTだけでなく、2018年にはソフトバンクグループと事業を提携。共同で移動サービス企業を設立した。市販車ではKDDIと通信分野で技術提携をしている。

関連トヨタ、ブロックチェーン事業のイメージ動画を公開

関連BUIDL、トヨタ・ブロックチェーン・ラボとの実証実験完了

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B