ハードフォークで誕生の新仮想通貨が本家越えか STEEMーHIVE、真の非中央集権性確立へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ハードフォークで誕生の新仮想通貨が本家越えか STEEMーHIVE、真の非中央集権性確立へ
 

ハードフォークで誕生の新仮想通貨が本家越えか STEEMーHIVE、真の非中央集権性確立へ

仮想通貨HIVEが誕生

HIVEは、コミュニティが主導してSteemを取り巻く現環境からの脱却を目指して誕生した新通貨。20日にハードフォークを成功し、既に大手仮想通貨取引所Bittrexなどで取引が開始されている。

注目を集めたのは、STEEMの価格を新たに誕生したHIVEが上回った点。STEEMが20円前後で推移しているのに対し、HIVEは今週に入り約25円まで上昇した。

HIVEのサプライがデータサイトで反映されていない状況。一方、ハードフォーク時のスナップショット対象となった創業者報酬(約20%)以外の通貨を対象としたケースで価格が算出されている場合も、コミュニティ主導の通貨に高い価値がついたことは注目の事例になるだろう。

ハードフォークを提案したHive.ioチームもローンチの成功を報告すると共に、Bittrexへ上場したことや多くのdAppsが稼働していることを伝えている。

HIVEは敵対的ハードフォークによって生まれたが、その対立は、仮想通貨TRONの創業者であるJustin Sun氏がSTEEMを大量に保有したところから始まった。STEEMのコミュニティが、非中央集権的な仕組みが損なわれることに懸念を示し、チェーンの主導権を巡って対立。その後20日にハードフォークを行い、2つの通貨に分岐することになった。

互換性のない2つの仮想通貨に分岐するハードフォークは過去にもビットコイン(BTC)などで行われてきたが、新しく生まれた通貨が元の通貨の価値を上回った事例は極めて珍しい

現在は他にもHIVEの上場を検討している取引所があるという。またエアドロップの計画を進めている取引所も6箇所ある。先週にはバイナンスが今回のハードフォークに対し、対応を発表している。

関連Steemのハードフォークと新通貨付与、バイナンスが対応発表

参考資料 : Hive.io

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B