ロシア議会、フィンテック分野で新サンドボックス法案 ブロックチェーンのテストも視野

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ロシア議会、フィンテック分野で新サンドボックス法案 ブロックチェーンのテストも視野
 

ロシア議会、フィンテック分野で新サンドボックス法案 ブロックチェーンのテストも視野

ロシア議会、フィンテック分野で新サンドボックス法案

「規制サンドボックス」に関する法案では、新しいデジタル技術を導入する際に規制緩和の恩恵を受けることができる業界として、「ヘルスケア、輸送、遠隔教育、貿易、金融、建設、製造、公共サービス」という8つの部門があげられた。

規制サンドボックスは、一般的にはフィンテック、その他の革新的な試みを模索できるように、対象分野について法的規制に免除を設けるもの。

今回のサンドボックス法案でも、ロシアの規制当局に、より柔軟な方法で斬新な技術に対処する余地を与えると言及された。また、ある地域が独自のローカルサンドボックスを設定することも可能になると示唆されている。

ロシア銀行は、現在すでにフィンテックのための規制サンドボックスを実行しており、鉱山・製錬会社のNornickelによるブロックチェーンベースのトークン化テストに成功したことを報告している。

実際の場面で技術試行が可能に

ロシア銀行は仮想通貨に懐疑的

新しいサンドボックス法案では、実際の企業が実際の顧客と協力して技術を試行することが可能になる見込みだ。

実際に、サンドボックス参加者がどのような規制から免除されうるのかは、同法案とは別に作られている「衛星法案」に記載されている。

また、ブロックチェーンや仮想通貨をテストすることもできるようになるという。

一方、ロシア中央銀行は仮想通貨に懐疑的な態度を崩していない。モスクワの先進ガバナンスセンターのミハイル・コミン氏は、ロシアが仮想通貨を受け入れる可能性が高まることはないと述べた。

「ロシア銀行は、ロシアルーブルのボラティリティによって引き起こされる市場の不確実性を低下させることに関心があるが、仮想通貨はこの不確実性をさらに増すと考えている」とコミン氏は語る。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B