イーサリアム2.0フェーズ0の監査をLeast Authority社が完了

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム2.0フェーズ0の監査をLeast Authority社が完了

(Image: Shutterstock.com)

Ethereum 2.0の第1段階にあたるフェーズ0「ビーコンチェーン」の安全性に関する監査が完了した。Least Authority(リーストオーソリティ)社は3月24日、監査結果を報告した。ビーコンチェーンの仕様書に7つの問題点を特定し、3つの改善提案を行っている。

Ethereum 2.0では、フェーズ0から2までの3段階での実装が計画されている。今回同社が監査を行ったのは、第1段階にあたるビーコンチェーンの仕様書について。コードの実装に関しては未完であるため行っていない。そのため、懸念点などは理論上のものとなる。同社はビーコンチェーンの仕様がよく考えられたものだとし、Ethereum 2.0の開発チームの高いセキュリティ意識を評価した。

フェーズ0の段階では、強固なネットワーク層の基礎を築くことが重要になる。レポートでは、PoSアルゴリズムの実装によりブロック提案者選挙システムやP2Pネットワーキング層には、攻撃に対する脆弱性の可能性があるため、さらなる検討が必要な部分だと指摘している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B