シンガポール中銀の規制猶予リストに「米コインベースやバイナンス」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

シンガポール中銀の規制猶予リストに「米コインベースやバイナンス」
 

シンガポール中銀の規制猶予リストに「米コインベースやバイナンス」

シンガポール中銀の免除リスト

バイナンスやコインベース、OKCoinやBitstampなどの取引所のほか、カストディ企業BitGOや仮想通貨決済関連企業PundiXなども免除対象となったことが確認された。

ライセンスの免除リストとは、2019年のMASが施行した「決済サービス法」の営業ライセンス免除に関して、一時的な規制の適用を免除するもの。有効期限は7月28日と2021年1月28日の2パターンあり、規制適用までの猶予期間を認める。

具体的には、「デジタルトークン決済サービス」のみ提供する企業は7月28日まで。「口座開設や送金サービス」といった他の決済サービスを提供する企業では、2021年1月28日までが有効期間となる。(併用の場合は後者の期限)

また、正式に「決済サービス法」が規定するライセンスの申請を行い承認されれば、免除の効力はなくなる。現時点で、これらの企業がすでにライセンスの申請を行なっているかは明らかになっていないが、免除申請自体の基準が厳格なため、免除された企業はMAS規定のアンチマネーロンダリング(AML)やテロ資金供与対策(CFT)レギュレーションに準拠していることになる。

また、シンガポール政府が、仮想通貨など暗号資産事業者に歓迎的な姿勢(寛容な規制ではない)を取っているため、正規ライセンスが取得されれば、法律下で仮想通貨ビジネスが加速する可能性がある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B