米司法省、ベネズエラ大統領を麻薬密売で起訴 収益隠蔽に仮想通貨を使用と主張

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米司法省、ベネズエラ大統領を麻薬密売で起訴 収益隠蔽に仮想通貨を使用と主張
 

米司法省、ベネズエラ大統領を麻薬密売で起訴 収益隠蔽に仮想通貨を使用と主張

ベネズエラ大統領を起訴

米国が他国の現職大統領の起訴に踏み切るのは極めて異例。米国政府は公式な選挙手続きを経ていないとしてマドゥロ政権の正統性を認めておらず、公文書では「前大統領」という表現を用いている。

米司法省は、マドゥロ大統領に加え、経済担当副大統領や国防大臣、また最高裁長官を含む政府高官14名も同時に起訴。その容疑は麻薬および武器の密輸、麻薬テロから汚職まで広範囲に及ぶ。

さらに、ベネズエラの仮想通貨担当最高責任者のJoselit Ramirez氏も、アメリカのOFAC規制に反し、2018年の選挙戦でマドゥロ大統領を幇助したとする別件で起訴された。

起訴内容

犯罪行為隠匿に仮想通貨を利用

マドゥロ政権に対する米国の圧力

ベネズエラ政府は国内の石油・天然ガスなど天然資源に裏付けされた仮想通貨ペトロ(Petro)を発行している。マドゥロ大統領は、ペトロが「金融封鎖を克服し、金融取引を行うための貨幣主権」を強化する役割を果たすと述べているが、トランプ米大統領は2018年3月、このペトロを禁止する大統領令を発令している。

アメリカは今回の起訴によって、独裁体制を敷くマドゥロ政権に対する圧力を強める狙いだと思われる。

トランプ大統領は今年2月の一般教書演説に、米国がベネズエラの暫定大統領として支持する野党指導者グアイド国会議長を招待するなど、マドゥロ政権の正統性を否定する姿勢をアピールしているが、ベネズエラ国内ではマドゥロ政権の足元は揺らいでいないように見える。

一方、マドゥロ大統領はツイッターで、今回の起訴は米国とコロンビアによる陰謀であるとして強く抗議し、国家元首としてベネズエラの平和と安定のために戦い、擁護する義務があると述べている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B