中国:「年3万円でブロックチェーン導入」 政府主導のサービスネットワーク構築で可能に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国:「年3万円でブロックチェーン導入」 政府主導のサービスネットワーク構築で可能に
 

中国:「年3万円でブロックチェーン導入」 政府主導のサービスネットワーク構築で可能に

様々な団体がブロックチェーン活用可能に

中国政府も含めた団体主導の動きに、国内のブロックチェーンサービスがさらに発展する可能性もある。

この包括的なプラットフォームを利用して、様々なアプリケーション、スマートシティ、さらにはブロックチェーンを土台とするデジタル経済の開発が可能に。

BSNのホワイトペーパーによると、ある企業が単体で行う場合、1年間のブロックチェーンネットワークの構築、運用、維持には、少なくとも14000ドル(約151万円)の費用がかかる可能性がある。

中国政府は、2020年末までに、国内200都市にノードを配置する予定で、最終的にこの試みが世界標準になるかもしれないと述べている。

ビットコインのブロックチェーンとの違い

この「許可制」のメンバーシップは、通常、トランザクションデータを信頼できるパートナーとのみ共有することを望んでいる企業にとってはるかに適している。すべての検証作業はメンバー内部で行われるため、ネットワークの拡張も容易だ。

尚、現在の新型コロナウイルスのパンデミックにも関わらず、リリースの状況に影響はなく、初日から本格的な運用を開始する予定。

また、中国政府はBSNのルートキーを保持、プラットフォームを使用して行われたすべてのトランザクションを監視できるため、国際的なパートナーがプライバシーの懸念のため、参加をためらう可能性もありそうだ。今後の活用状況に注目したい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B